今が「幸せ」なら過去の「不幸」も「幸せ」になる

昨日の稽古で師匠に、

「今日のブログ見たけど、おまえ俺に空手習っている時にいじめられてたんか!」

とビックリされました。

 

昨日のブログはこちらから↓

いじめられて気付いた「本当の強さ」とは!?・・・人間にだけ、与えられた「話す」という能力☆
僕は高校生の時に、いじめが、原因で、空手を習い始めました。「いじめに対抗できるほど、強くならなければいけない」「空手を習えば、体格も変わるだろうし、いじめも無くなるだろう」本気でそう思って、空手を始めました。ボクが、いじめを受けていた時の話

 

実は、師匠にいじめられていたことを言ったのは、

僕が高校三年生の時だったので、すでにいじめがほとんど終わっていたころだったんですよね。

 

やられている時は、なかなか言い出せないものです・・・(笑)

 

そして、

師匠は驚きながらも、

「もしその時に、いじめられていることを言ってきてたら、やってまえって言ってたけどな」

と、言われました。

 

「一歩間違えれば、いじめている子が罪を背負うことになる」

 

昔、空手を習っていた子が、同級生の子に首を締められた?時に、師匠に相談して、

その時に、空手を習っていた子へ師匠が教えていた言葉です。

 

「もし、首を締められたおまえが、運悪く死んでしまったら、罪を背負うのはその首を締めた同級生なんやぞ!だから、おまえはその子を止めないとあかんのや!」

 

昔のことなので、記憶が曖昧ですが、僕はこのように聞こえました。

(師匠、間違っていたら、今日の稽古で教えて下さい🙇)

 

たしかに、

いじめられている方だけが、辛い思いをするのが「いじめ」なわけですが、

一歩間違えれば、いじめている方も辛い思いをすることになるのです。

 

だから、怖くても立ち向かい、いじめている子を救うべきなのです。

 

当時の僕は、自分では何も判断できないビビリだったので、

立ち向かえませんでしたが・・・

 

ただ、

当時のいじめられている僕が師匠に、

「一歩間違えれば、いじめている子が罪を背負うことになる」

ということを、教えてもらっていれば、

また、師匠から

「立ち向かえ」

と言われたならば、

確実に立ち向かっていたと思います。

 

そうしてたら、

また違った未来に変わっていたのかな?

楽しい学校生活を遅れていたのかな?

とは思いますが、

過去のことを後悔したとしても、

2度とやり直すことはできません。

 

だけど、

 

いじめられて、もがき苦しんだ過去があるから今の自分がある

 

つまり、今、空手を継続できているのです。

 

もし、あの時、やり返していたならば、

今こうして、ブログを書いて空手をしている僕は、いなかったかもしれません。

 

そういう点では、

いじめられていて、良かったなと思います。

 

だけど!

 

どうせなら、ワイワイ楽しい高校生活を送りたかったな〜。

 

まぁ、今が幸せならそれでええか。

 

咲 心次郎

コメント