「これ、欲ぢぃ~~!」・・・また病気が発症しちゃいました。笑

今朝、ボクに合気を伝授してくれた、

もう一人の師匠さんから、ラインが来て、

「今、発送しましたよ。」

この前の日曜日にも連絡があって、

「火曜日の夜にボクに届くので、水曜日に発送しますね。」

ホントに言った通りですね。

まぁ、この3日間も長かったけど、

あと2日か・・・

こりゃ~、もっと長く感じそうだ。

待てるかな・・・待つしかねーよな。

ワクワクし過ぎて死にそうだ。

早く、金曜日にな~れ♪

 

2週間ほど前に、久しぶりの試合を終えたジローが、

ボクのお店に来て、2人で反省会をやったんですが、

その途中で、突然ジローが、

「先生、ボクも炭光☆が欲しいんですが・・・」

 

「炭光☆」ってなぁ~に?って方はコチラ

               ↓

摩訶不思議な「炭光」。
今日は、摩訶不思議な「炭光(すみっこう)」である。スゲーのに、なかなか世に出回らないから、勝手に宣伝するのである。これは、2年ほど前に師の1人からいただいた「炭光」である。直径4ミリ、長さ12センチの小さな棒...

 

思ってもみなかったジローの申し出にちょっとビックリしたけど、

「師匠さんに聞いてみるよ。」

で、ジローが帰った後、すぐに師匠さんに連絡して、

ジローの炭光を頼み、値段やサイズを相談してたら・・・

とても親切な師匠さんは、

ラインのやり取りの途中に写メで自分の炭光☆を撮って送ってくれて・・・

その炭光☆と並んでる写ってたのは、メジャー!でありまして、

その炭光☆のサイズは長さ20㎝、太さ2.5㎝・・・

 

デカっ!オレの炭光☆の倍やんか!

 

3年前くらいだったか・・・

初めて、手にした炭光☆は、

長さ10㎝、太さ5㎜くらいの細さだったんですが、

1年くらい前に

「こんなサイズの炭光☆を作ってもらえないですか?」

と、頼んで新たに作ってもらい、それで手にした炭光☆

長さ10㎝、太さ1㎝という、

それまでの2倍の太さで、その太さに伴って、

その両先端にある神代の土は何倍かに増量してて、

それを手にした瞬間・・・

 

何だー、このパワーは~!!

 

それまでのとは、全然パワーが違っていてビックリしたんですね。

で、

送られた写真を見た瞬間・・・

 

「これ、欲ぢぃ~~!」

 

また病気が発症しちゃいました。笑

で、

「その写真の大きさの炭光☆はいくらですか?作ってもらえますか?」

ってことで、

ジローの炭光☆を注文するついでに新たにまたボクも注文しちゃいました。

お金がねーのに何をやってんですかねー。

ま、何とかなるさ。

 

で、

今朝のラインには、

「今度の炭光☆は、凄くパワーが大きくなって、柔らかいパワーになってます。」

マジですか?

さらに・・・

以前にも一度あったのですが・・・

炭光☆をあまりにも喜ぶボクのことを喜んで、

この炭光☆を作ってる方がボクに

「炭光☆をプレゼント♪したい。」

ということで、今回もまたプレゼントの炭光☆も作ってくれたそうです。

この炭光☆は、ボクにはヤバいよ、きっと・・・。

 

51歳にもなって・・・

もうすぐ52歳になろーかというのにさ、

こんなわけのわからん棒を何本も買ってさ、

そんで、ワクワクしたり、スゲーって大騒ぎしたりしてさ、

傍から見たら、

ただのバカ!

ですね。

でもね、

この世には、

理屈じゃない、常識にもない・・・

そんな世界や不思議な力があるってことを知ってね、

この炭光☆には、

そのパワーがあって働くのね、

この炭光☆を心から信じる人には・・・さ。

 

「師匠さんと炭光☆に出会えたことを、必ず、ボクの人生に活かします。」

って、師匠さんに返信しました。

で、

この炭光☆を創った人、

そして、

その力がわかり見つけ教えてくれた人・・・

この製作者の方と師匠さんの2人は凄い人間!

それを証明するためにボクは空手に励みながら生きるのです。

そしてまた、

いつもボクに働いて、何度も窮地を救ってくれた・・・

この力を育て、その力を世間に知らしめたいと思っています。

これがボクの生きる道♪です。

 

ちなみに

ボクが注文した炭光☆の方がパワーがあるというので、

「値段が少し高くなるけど、どーしますか?」

と、ジローに勧めたんですが、

ジローは、

「先生と同じやつで、2本がイイです。」

ボクみたいに靴下の中に装着して稽古がしたいそうです⁉

バカだねー。笑

けど、

ホント、可愛いお弟子さんです。

ま、炭光☆デビュー!のジローには、

あの大きさでもパワーが強すぎるかもね~笑

これからのジローの成長も楽しみです。

それよりも、

やっぱ、

金曜日が待ち遠しい・・・ナ。

 

咲 心太郎

コメント